ニキビはどう治すの?

ニキビはまず悪化させないこと、次に予防することが重要です。一度ニキビができてしまうと、治るまでには最短で20日から30日程度の時間を要することになります。これはお肌のターンオーバーとも密接に関係しており、お肌が入れ替わることによってニキビも治ることになるからです。保湿ケアをしたからといってすぐに治るというわけではなく、保湿ケアは次にニキビを発生させないために必要であるということを覚えておきましょう。

ニキビを治すためのポイントは、保湿ケアを行うことと洗い過ぎないこと、そして刺激しないこととなります。特に洗顔は誰もが経験する落とし穴で、洗い過ぎてしまうことによって逆にニキビを悪化させてしまうというケースはよく見かけられます。洗うペースは1日に1回か2回、朝と晩に限り、洗顔後は保湿ケアによって乾燥を防ぐようにしましょう。また、ニキビが気になってついつい手で触れてしまうものですが、これもNGとなります。患部はできるだけ触れず、保湿ケアと洗顔を繰り返し行い、約1カ月間我慢することで、ニキビを治すことができます。この他にも、ニキビは食生活にも原因が考えられます。脂っこい食事ばかりしていると、新たにニキビができる原因になりますので注意してください。


アトピー肌はどう治すの?

アトピー性皮膚炎を悪化させないためにも保湿ケアは重要ですが、残念ながら完治させることはできません。というのも、アトピーはまだまだ研究されている皮膚の病気で、はっきりとした原因は究明されておらず、根本治療を行うのではなく、悪化させないことや予防することしかできないという現状があるからです。一応、関連性が高いとされている原因は分かっており、体質遺伝による原因や食生活や生活習慣による原因、ダニやハウスダストによる原因などが挙げられます。

アトピーに対する保湿ケアは非常に重要で、しっかりとケアを行うことによって、湿疹を出さない、あるいはかゆみを食い止めることなどが可能となります。保湿には基礎化粧品やボディクリームを用いて行うのも良いです。

◇TOPIC◇みんなの肌潤糖~アトピーケア化粧品~

しかし、化粧品の中に含まれている防腐剤や添加物などによって症状が悪化することもありますので、使用する化粧品は自分の身体に合ったものを慎重に選んでいかなければなりません。また、普段から使用している化粧品でも、いきなり症状が悪化することもあります。そういった場合には皮膚科にて診てもらい、適切な処置を施してもらうことを強くおすすめします。普段は保湿ケア、具合が悪くなったら診療といったように、適宜切り替えていくようにしましょう。