ニキビはどう治すの?

ニキビはまず悪化させないこと、次に予防することが重要です。一度ニキビができてしまうと、治るまでには最短で20日から30日程度の時間を要することになります。これはお肌のターンオーバーとも密接に関係しており、お肌が入れ替わることによってニキビも治ることになるからです。保湿ケアをしたからといってすぐに治るというわけではなく、保湿ケアは次にニキビを発生させないために必要であるということを覚えておきましょう。

ニキビを治すためのポイントは、保湿ケアを行うことと洗い過ぎないこと、そして刺激しないこととなります。特に洗顔は誰もが経験する落とし穴で、洗い過ぎてしまうことによって逆にニキビを悪化させてしまうというケースはよく見かけられます。洗うペースは1日に1回か2回、朝と晩に限り、洗顔後は保湿ケアによって乾燥を防ぐようにしましょう。また、ニキビが気になってついつい手で触れてしまうものですが、これもNGとなります。患部はできるだけ触れず、保湿ケアと洗顔を繰り返し行い、約1カ月間我慢することで、ニキビを治すことができます。この他にも、ニキビは食生活にも原因が考えられます。脂っこい食事ばかりしていると、新たにニキビができる原因になりますので注意してください。